加齢臭は洗濯でも落ちない?洗濯のコツ

加齢臭が染み付いた服やまくらと言うのは洗濯をしてもなかなか落ちません。
消臭スプレーを吹きかけてもすぐに元に戻ってしまいます。
このため、洗濯では落ちないとあきらめている方もいらっしゃると思います。

しかし、この洗濯のやり方一つでかなり加齢臭が改善するのです。
意外と知られていないかもしれませんが、つけ置き洗いをすると加齢臭も落ちるということです。
2,3日に1回程度の頻度で、つけ置き洗いをすると良いそうです。
洗濯機に入れる前に、ぬるま湯に洗剤を溶かした洗剤液を作り、その中に服や枕カバーなどを入れていきます。
この時、服に直接酸素系の漂白剤を揉み込ませておくと効果が高いようです。

30分から2時間ほどつけておき、洗濯機に入れていきます。
少し面倒ですが、もし加齢臭が気になるならやってみると改善する可能性が高いです。

つけ置き洗いをしても加齢臭が落ちない場合もあります。
この場合は、更に工夫が必要になってきます。
例えば、熱湯洗いという方法があります。
これは文字通り水と洗剤を入れて沸騰した鍋に服を入れて弱火で10分程度煮ていきます。
10分経過したら人肌程度に冷まし、そのまま洗濯機に入れていきます。
こうすれば、服に染み込んだ脂分が落ちやすくなりますので、加齢臭も落ちる可能性があります。
ただ、これでも完璧に加齢臭が落ちるわけではないので、最悪の場合、クリーニングに出すというのも良い方法です。
お金がかかってしまうので、余程大事な服でない限り、あまりおすすめしませんが、臭いを落とすには専門家に任せるというのが最も効果的です。

加齢臭は30歳から臭い始める?
加齢臭というのはいつから臭い始めるのでしょうか?
人によっては全く臭わなかったり、若いのに臭ってしまったり様々です。
30歳から加齢臭が漂いはじめるという方は肥満傾向にある可能性が高いです。

加齢臭と言うのは生活習慣に直結してくるので、だらしのない生活をしていると、加齢臭が漂い始めてしまいます。
栄養に気を使い、バランスの良い食事を意識的に取っていくことが重要になります。
この加齢臭と言うのは自分ではあまり気にならないものです。
そのため、人に言われてはじめて気づいたという方も多いです。

臭いは周りの人を不快にしてしまう要素になるので、できることなら今のうちに対策を打っていくことをおすすめします。
そうでないと、周りから嫌われ者として扱われてしまいます。
加齢臭を気にしている方はぜひ朝方の自分の臭いをチェックして見てください。
朝と言うのは寝ている間に大量の汗をかいているので、細菌や臭いのもとがたくさん付着しています。
そのため、最も臭いがひどいと言えます。

朝そのままの状態で出勤してしまうと、臭いが酷くて批判を浴びる可能性が高いので、シャワーを浴びるなどして臭いを落としましょう。
シャンプーも加齢臭対策のシャンプーを使用すると臭いが非常に少なくなって良いです。

少し早く起きて、シャワーを浴びる。
これは少し面倒に感じるかもしれませんが、うまく人間関係を築いていくにもエチケットが重要になりますので、マナーだと思ってやってみてください。あわせて読むとおすすめなサイト⇒墓石屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です